インスタ映えも、Facebook映えもしない毎日だけど、私は今幸せです。

インスタ映えとは・・・。そして、Facebook映えのために行動したことによる後悔の念

みなさん、SNSはやっていますか。

Twitterや、InstagramFacebookなどなど、色々なものがありますよね。

近頃では、「インスタ映え」なんていう言葉を聞くことも増えました。

ちょっと調べてみると、「インスタ映え」とは

写真共有サービス・SNSの「Instgram」(インスタグラム)に写真をアップロードして公開した際にひときわ映える、見栄えが良い、という意味で用いられる表現。インスタグラムを念頭において写真写りが良いと述べる言い方。

インスタ映えとは - 日本語表現辞典 Weblio辞書

要するに、「いいね」がたくさんもらえるような投稿ってことですかね。

私はInstagramをやっている訳ではないので、とやかく言う資格はないのかもしれませんが、言葉にたくされた意味のようなものはなんとなくわかるような気がします。

Twitterで「スタバなう。」とつぶやくために、スターバックスに通ったり、

Facebookではキラキラした自分を演出したかったり・・・・・・。

「そんな人もいるよね~」っていう話ではなく、私自身そういう人種でした。  

なんなら、Facebookでつながってる人が「こんなイベントやりますっ」「会社とっても楽しいです~」みたいな投稿をしてるのを見る度に、こう、もやっとしたような複雑な気持ちになりました。

言葉にするのは難しいのですが、というか、あまり言葉にしたくない感情なのですが、

「この人はこんなにすごいのに、私はなんでこんなにちっぽけなんだ・・・」

とか、

「みんなすごいな。。。それに比べて私は・・・」

とか、色でいったら黒っぽい、どろどろしたような感情が胸の中にうずまいていました。その劣等感を源に、仕事やプライベートをがんばってみたこともあったけれど、正直心は満たされませんでした。

その時、はじめて「インスタ映えや、Facebook映え自体を目的にしてはいけないんだな」とわかりました。

インスタ映えやFacebook映えを目的にしない

一生懸命やった結果、それをSNSに投稿して、結果として、「いいね」がたくさんもらえるのは素敵なことだし、とってもいいことだと思います。

ですが、「Facebookありき」「Instagramありき」で「いいね」ほしさに色々な活動をするのは、間違っていたのだということに気付きました。

これはブログも同じで、「ブログありき」「ブログを書くために〇〇 しよっと」とならないようには、気を付けないといけませんね。自戒をこめて。

インスタ映えもFacebook映えもしない毎日

では、今の私はというと、Facebook映えもInstagram映えもしない生活を送っています。

インスタ映えするようなオシャレなお店には行けません。行こうと思えばいけるのかもしれないけど、貧乏性なので緊張して味がわからなくなってしまいそうです。体育会系の大学生がよく来るような、美味しくて、安くて、量が多いのが売りの定食屋さんにはよく行きます。

時々、自炊をすることもあるけれど、正直SNSに載せられるようなものではありません。

基本「おなかの中に入れば一緒でしょ」という考えなので、写真にのせられたもんじゃないです。しいていえば、「こげちゃった。。。」とかっていうコメントとともに、Twitterに写真を載せたら、「いいね」がつくかもしれないですね。

全然華やかな生活ではないけれど、久しぶりに今(割と)毎日幸せに過ごしています。

好きなことする時間と睡眠時間となんでも話せる友達と最低限のお金があれば幸せ

じゃあ、なんで今の自分は幸せを感じることができているのでしょうか。

人によって、幸せの定義は異なると思いますが、私の場合、

  • 好きなことする時間
  • 睡眠時間
  • なんでも話せる友達
  • 最低限のお金

があれば、幸せだということに気付きました。

好きなことする時間があれば幸せ

以前は「仕事、仕事、仕事・・・」という生活をしていたので、休みでも心が休まることはありませんでした。

「好きなことする時間」という言葉の中には、好きなことに費やせる気持ちの余裕、も含まれています。

好きなことをしたくても、毎日忙しすぎると、好きなことに向ける気持ち自体が弱くなってしまうんだな、ということが、1年6ヶ月の社畜経験からよくわかりました。

ちなみに、今も会社には所属していますが、職種を替えていただき、仕事量が少なくなったので、気持ちがとてもラクになりました。

睡眠時間があれば幸せ

睡眠時間もとっても重要ですよね。

睡眠時間が短いと、集中が続かないし、小さいことで失敗するし、ささいなことでむかついたりして、全くもっていいことがありませんでした。

そのせいで、周りの方にはとても迷惑をおかけしました。すみませんでした。

ちゃんと睡眠を取るだけで、本当に体も心も軽くなるということは、もっと広まってほしいし、多くの人がそれを実現できる風にあってほしいな、って思います。

なんでも話せる友達がいれば幸せ

人間って、人の間って書くじゃないですか。金八先生感が否めない・・・)

やっぱり一人では生きていけないんですね~。他愛もない会話をしたり、どうでもいいことで笑い会える関係の人が必要だと思います。

一人で生きていけると思ってた過去の自分をぶん殴ってやりたい気持ちでいっぱいです。

なんでも話せる相手は、必ずしも同年齢である必要はないし、一人である必要もないと思います。私は、長女で人に弱みを見せることが得意ではありませんでした。

「お兄ちゃんかお姉ちゃんがいればなあ」と思っていたこともあり、年上の人に相談することが多いです。

自分が一番話しやすい人に話すのが一番だし、内容によって話す相手を選ぶのも大切だと思いました。

あ、人に相談するのが苦手な人は、「相談するのが苦手です」っていう相談をするのがオススメです。詳しくはこちら↓↓

tomatosuki.hatenablog.com

最低限のお金があれば幸せ

「金、金」って言ってると、嫌われてしまうんじゃないかと思ってしまいますが、あえて言います。

お金って生きていくためにどうしたって必要ですよね!

お金がないと、ご飯食べれないし、住むとこないし、着る服ないし、遊ぶこともできないから、色々すさんでしまいそうです。

自分が送りたい生活が余裕を持って送れるくらいのお金は、やっぱりほしいところです。

「金!金!金!」ばっかり言ってる記事はこちら。嫌いにならないでね~↓↓

tomatosuki.hatenablog.com

自分の投稿に、自分自身心から「いいね」を押すことができますか?

「幸せは自分の心が決める」

という言葉がありますが、本当にその通りだな~、ということを最近つくづく感じています。

自分の心が「幸せだ」と感じたものをSNSにのせるのは大いに賛成ですが、そうじゃない場合には一度自分の心と対話する時間を取ったほうがよさそうですね。

余談ですが、会社で職種が変わったことで、私のことをよく思わない人もいます。「甘えてる」とか「ずるい」とか、思われても仕方がないと思います。

この状況になって、多少心がぐらぐらしたこともありました。ですが、自分以外の人に「いいね」を言ってもらう(押してもらう)ために、自分の心が「いいね」と言っていないことをするのはおかしい、と思い直しました。

他人の多数の「いいね」より、一人でも自分自身の「いいね」の方が大切 な時もあるのだなと学びました。

他の人が「いいね」を押してくれているその投稿は、自分でも果たして「いいね」を押すことができますか。今一度振り返ってみてくださいね。

最後の方は、ちょっと意識高い高い系になってしまいました。ごめんなさい。。。

それで、結局何がいいたいかというと、「今自分幸せです!」っていうリア充アピールでした。

これを、TwitterとかFacebookとかで拡散するのは、ブーメランにならないのか??とか考え出すとキリがないのですが、少なくともこの記事は、「いいね」欲しさではなく、この記事が書きたくて書いたものなので、どんどん拡散していきたいと思います。

読んでいただきありがとうございました。また読みにきてね!!!ぴよぴよ

よろしければ、読者登録よろしくぺん♪