【コード・ブルー3rd】のネタバレ感想!キュンキュン&感動ポイントまとめ

f:id:osanm060225musicAY:20170718204812p:plain

https://twitter.com/code_blue2017

www.fujitv.co.jp

7月17日(2017年)より、月9枠で、『コードブルー―ドクターヘリ緊急救命―THE THIRD SEASON』がはじまりましたね。

初回は、拡大スペシャルで、あの5人の姿を充分に堪能できました。(もちろん5人以外も良かったですよ。)

ドラマ自体はというとね、最高でした!!久しぶりにテレビにかじりつきましたもん。

コード・ブルーのこれまで

f:id:osanm060225musicAY:20170718205338p:plain

Media Tweets by 【公式】『コード・ブルー』 (@code_blue2017) | Twitter

コード・ブルーは、2008年7月に1stシーズンがスタート。

2009年1月にはスペシャルドラマが、そして、2010年1月からは2ndシーズンが放送されました。

私自身「ドクターヘリ」について、このドラマではじめて知ったんですよ。同じような人多いんじゃないですか??

コード・ブルー」の効果はすごかったらしくて、公式サイトにもこんな風に書いてあります。(赤字は筆者による)

こうしたドラマへの反響が実際にドクターヘリの普及促進の一助を担ったことはドクターヘリ救急医療システム普及促進を目的とする「救急ヘリ病院ネットワーク」(HEM-net)会長、國松孝次氏の言葉に明らかです。

「2007年当時全国で14機しかなかったドクターヘリが今年3月の奈良への配備で50機になり、おおむね全国配備を達成する。『コード・ブルー』がドクターヘリの存在を全国に知らせ、そこで活躍する医師や看護師たちの姿を見事に描いてくれたおかげです」(國松氏)。

コード・ブルー | イントロダクション - フジテレビ

いやいや、すごすぎません?笑

10年間で、14機から50機ですよ?3倍以上の数字です!

しかも、「おおむね全国配備」も達成しそうとのこと。

このドラマによって、ドクター・ヘリが増え、その結果、助かる人も増える。ドラマって社会を変えちゃう力があるんですね。すごいすごい。

このドラマがなかったら、医療従事者でない私なんかは「ドクターヘリ」と聞いても、「ナニソレ??」状態だったと思います。

実は、友達に1人「将来ドクターヘリに乗りたい」という人がいるんです。

認知度が広がると、こうやって夢に向かっている人が増えたり、公言しやすくなるというのもいいですね~。

第1話あらすじ

あらすじを読むのがダルい人は、下に要点まとめがあるから、そっちを見てね〜。

※ネタバレだから、見たくない人は戻ってね。

医師として10年以上のキャリアを持った彼らは仕事もプライベートも自分の人生と向き合い始める年代に達しそれぞれの道を歩みだしていた。藍沢耕作(山下智久)は翔陽大学附属北部病院の救命救急センターを離れ、脳外科医として研鑽をつみさらなる高みをめざし日々オペを行っている。白石恵(新垣結衣)は人手不足の翔北救命救急センターで今やフライトドクターのスタッフリーダーとして奮闘していた。かつてはともにフライトドクターを目指していた緋山美帆子(戸田恵梨香) は、翔北病院を離れ周産期医療センターで産婦人科医としての道を歩んでいた。冴島はるか(比嘉愛未)は、今もフライトナースとしての道を究め続けエースとして活躍中。また藤川一男(浅利陽介)も白石と共に翔北救命救急センターを支える整形外科専門の救命医となっていた。彼らの成長を語る上で橘啓輔(椎名桔平)の名を挙げないわけにはいかない。そんな橘は救命医として活躍を続けているが現在、息子についてある厳しい局面に立たされていた。橘が葛藤する理由とは。 そんな救命センターに新たにフライトドクターを目指すフェロー・名取颯馬(有岡大貴)、灰谷俊平(成田 凌)、横峯あかり(新木優子)、フライトナースを目指す雪村双葉(馬場ふみか)がやってくる。フェローたちは使い物にならないと救命センターの誰もが嘆く中、白石は人材不足の中、彼らを戦力にするしかないと必死に育てようと努力する。 脳外科医として信頼を既に得ている藍沢には強力なライバル、新海広紀(安藤政信)が現れる。脳外科では世界屈指の水準を誇るトロント大へ臨床医師として選ばれるかどうかの席を争っていた。 それぞれの道を歩むかつてのフェローたち、新たなフェローたち、そして彼らの仲間たちによって『コード・ブルー』第三シーズンがついに始まる。

コード・ブルー | ストーリー - フジテレビ

第1話要点まとめ

第1話の要点を箇条書きでまとめます。

・救急は完全なる人手不足。人手不足に対応するため、産婦人科医として働いていた緋山が戻ってきた。

・人手不足のはずなのに、三井先生が休職することが発覚。実は、子どもが重い病気で、少しでも一緒にいてあげたいというのが理由だった。

・新しいフェローたちが入るも、まだまだ一人前とは言えない状態。

・藤川と冴島が付き合っている・・・?というか、冴島が妊娠していることが発覚。

・白石は、今やフライトドクターのスタッフリーダーとして働いている。人をまとめる側になった。

第1話キュンキュン&感動ポイント

①白石と緋山の意思疎通にキュンキュン

救急現場にて、有岡君演じる名取から緋山に、患者が出血しているとの連絡が入ります。

それで、緋山は妊娠の可能性に気付くんですね。正直、緋山が白石とともに見ていた子どもも一刻を争う状況でした。

しかし、緋山の「白石・・・」の一言で、白石が全てを察し「大丈夫、行って」と返事をしたんです。

「え、この2人久しぶりの再会だよね?!」「いつも軽口たたき合ってるのに、いざという時のこの信頼なんなの????!!!!最高かよ。。。」

と1人でキュンキュンが最高潮でした。

②みんなが白石を気遣う様子にキュンキュン

フライトドクターのスタッフリーダーとなった白石。

1話の中だけでも、色んな人が白石に「1人でしょいこみすぎるなよ」と声をかけていました。

「ああ、こういうチーム最高だな~」「いい関係だな~」とほれぼれしました。

今シーズンでは、白石が1人でやろうとするのでなく、いかに他の人とやっていくのかがキーポイントになりそうな予感がしました。

③脳外科に行ったのに、いざという時颯爽と現れる藍沢かっこよすぎか!!

藍沢は脳外科に行き、トロント大の臨床医師として選ばれるかどうかという大切な時期。

だけど、救急がやばい時には助けに来てくれるのが本当にかっこよい。以上。

④有岡君かわいい。。。

(語彙力がどっかいった。)(2話以降もっと出てくれることに期待)

⑤藍沢から白石への「指揮官になれ」発言に感動

救急現場に颯爽と現れた藍沢。白石が見ていた患者を引き受けると、「現場は指揮官を必要としている。お前は他の組織の人間ともうまくやれる。治療のできる人間は他にもいる。俺もいる。だから、お前は指揮官になれ!」と名言のオンパレード。

録画してたら、ここだけで30回は繰り返し見るレベル。(してない。泣)

この言葉で白石は目が覚め、「1人でも多くの命を救う」ために動き出します。

ホントいい場面でした~。

⑥全体通して、緋山のキャラが好き過ぎる。

緋山みたいに、ちょっと気が強い人本当にかわいい。こういう人が時々見せる落ち込んだり、悩んだりしてる様子もまたぐっときます。2話以降も楽しみ。

以上、筆者の独断によるキュンキュン&感動ポイントまとめました~。

皆さんも見てみてね!!!

視聴率はこちら!!(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

第1話 16・3%

見逃し配信やってるよ!

見逃してしまった人も大丈夫!ネットで無料配信してるから、見てみてね!!

期間限定(2017年9月25日19時59分まで)で、過去のシーズンのものも見れますよ。

暑い夏の休日は、お部屋でドラマ配信を楽しむのもいいかもしれませんね。(時々はさまってるCMが邪魔ですが、そこはご愛敬。)

fod.fujitv.co.jp

公式HPが充実してて見てて楽しい!

公式HPが驚きの充実ぶり。キャストからのメッセージや、インタビューもあって面白いです。ショートムービーは見ると、シーズン1,2を思い出しますよ~。おすすめです。

www.fujitv.co.jp

広告を非表示にする