2017年に日産のこのCMは時代遅れではないのか。~LGBT的観点から考える~

今回は、あるCMの是非について書きます。

まずは、こちらの動画をご覧ください。


【マーチ】 TVCM 「IT’S MAKE UP」篇 30秒

私は、このCMをはじめて見た時、違和感しかありませんでした。

日産マーチが目指したのは、日本の女性の肌に一番似合う色。

カワイイって、無敵。

(動画より引用)

女性に似合う色はピンク?時代遅れにも程がある。

去年(2016年)あたりからだんだんLGBTの認知が広がってきました。

多様性が認められる社会になってきました。

・・・・・・って、この時代に「女=ピンク」ってのは完全に時代遅れなのでは???

男性でもピンクが好きな人もいますよね?

女性でもピンクが嫌いな人もいます。(私の母親がそう。)

「男だから」「女だから」って好きな色を押しつけるのはどうなの??と疑問を感じずにはいられませんでした。

デザインが素敵だからこそ、もったいない。

とまあ、このCMに対しては、疑問だらけだった訳ですが、車のデザイン自体はすごいかわいいんですよ。

だからこそ、本当にもったいないなあ、と思ったんです。

「この車いいなあ」と思った人は、私以外にもたくさんいると思います。

ですが、「女=ピンク」というイメージを押しつけられるのは、どうしても嫌なんです。

かりに、自分がこの車を買うことで、その印象を広めることになってしまったら、LGBTという観点からして本当にイヤです。

一番大事な部分が伝わってないよ、日産さん・・・。

「ピンク」というだけで「女」というイメージを押しつけるのはよくないと言いながら、自分自身がこのCMだけで日産についてああだこうだいうのは違うよな、と思いました。

そこで、日産のホームページを見てみたのですが、なんだか予想と違いすぎて拍子抜けしてしまいました。

日産:マーチ [ MARCH ] コンパクトカー Webカタログ トップ

マーチが目指したのは、女性がかわいくみえる色。

女性のかわいいは、ひとつじゃない。似合う色も、好きな色も、一人ひとり違うものだから。マーチは、一色、一色に、女性をかわいく見せるアイディアを込めて、11色のボディカラーをラインアップしました。

(ホームページより引用)(太字は筆者による)

え?この太字部分に関しては完全同意なのですが・・・。

そう、女性のかわいいは一つじゃないよね?まさに色々あって当然のはず。

しかも、ホームページにはピンクだけでなく、青や赤、オレンジや緑、紫など色んな色が掲載されていました。

このホームページの考えにはまじで完全同意。

なのに、CMになると、「1人ひとり違って当然」という一番大切なメッセージがふっとんでしまっている・・・・・・

なんというか、最初から最後まで「もったいないなあ」以外の感情が出てこない件でした。

正直、ホームページに書いてあることが、CMに入っていたら全然違う印象になったのかな、と思います。

以上です。ぐっばい。

広告を非表示にする