【ほぼ日手帳2017年8月】「日々の言葉」で感動したもの5つ

こんにちは。月日が経つのは早いもので、あっという間に2017年もあと3分の1になってしまいました。(2017年9月3日に書いてます。)

さて、今日は先月分(8月)のほぼ日手帳「日々の名言」より、感動したものを紹介していきます。

それでは、いってみよう。

①8月2日(水)

ぼくも、ライフメット生命をつくったときに、企業のトップの仕事の「95%」は、朝社員が起きたときに「楽しいから、今日も会社へ行こう!」と思える会社をつくることだと、思いました。 もう、それ以外にないくらいにです。

――出口治明『「ゼロになる40代」から・・・』中で

こういう考え方の人の下で働きたい・・・!

「仕事は苦しくて当たり前」みたいな考えの人を良く見かけるけれど、人生の大半を仕事に費やすのだから、やっぱり楽しく働きたいよね。

トップの仕事の95%が、社員の「楽しいから会社に行こう」と思ってもらうことだとしたら、私たち大人の役割は、未来を担う子どもたちに「楽しそうだから、早く働きたい」と思ってもらうことなのではないでしょうか。

②8月13日(日)

「忘れたことなんてない、だから思い出すこともない」 父が亡くなって、毎日泣き暮らしていた私が、淡々として見える兄に聞きました。 どうしてそんなに冷静なの?父さんを思い出すことはないの?兄が答えます。 「思い出すというのは、一瞬でも忘れた人がいう言葉。父を忘れたことはない、だから思い出すこともない。いつも父はここにいるから」

――『手帳のことば展』より

「日々の言葉」を読んで、はじめて涙ぐみそうになりました。

改めて色々解説するのは、蛇足になってしまいそう。

ただ感動した。とだけ伝えることがいい時もあると思うので、そうします。

③8月14日(月)

だいたい、「やりたい」ことを思いつくだけでも幸せだ。 それを、苦労しようが失敗しようが始められるのは、ものすごく恵まれたチャンスだと思う。

――糸井重里が『今日のダーリン』の中で

これは本当にそうなのかもしれない。

「やりたいことをやっている」人に対して、「やりたくないことをやっている」人たちは、色々言ってくる。

それって、「自分がやりたいことをできていないから」文句を言っているんならまだいい方で、実は「自分がやりたいことが何なのかわかっていない。だから、やりたいことがわかっていて、さらに、それをやることができている人がうらやましい」っていう人もいるんじゃないかな、と思った。

やりたいことが明確な人は、それだけでも少数派かもしれません。だとしたら、諦めず続けていけば、もっと少数派になれる、つまり才能を開花することができるのではないかと感じました。

④8月20日(日)

疑り深い人に対して、他人は疑り深く接するし、こころ開く人には、こころを開こうとするものだ。 こんな単純なことだけれど、わからない人は、それをわかろうとはしない。 「負けるものか」と戦っては、疲れて、次の村へ行く。

――糸井重里が『今日のダーリン』の中で

今の自分にものすごくささる言葉。

トイレにはって、毎日でも目にしたい名言。

⑤8月25日(金)

ものをつくっていると、批判されたり、悪く言われたりして、落ちこむじゃないですか。 こう、腹にドーンと来るというか。これは絶対、軽くはできないんですよ。 ダメージそのものをなくすことはできない。そういうときに、唯一、自分を軽くできるのは、なにか「あれをしよう」「これをしよう」ということを考えはじめることなんです。 そうすると、自分が軽くなる。そうやって打ち返していくのが身体には、いちばんいい。

――宮本茂さんが『ひとりではつくれないもの。』の中で

自分の人生を生きよう!って決心した人は、必ずぶち当たるであろうこの問題。

宮本茂さんでさえ、そういう感情をなくすことはできないと仰っていて、安心した。

そのダメージに浸ってしまいそうな時には、この言葉を思い出して、「何をしようかな」と考えるようにしたいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上、ほぼ日手帳2017年8月の「日々の言葉」より、感動したものを紹介しました。

ほぼ日手帳は毎年9月1日より販売が解禁されます。興味がある人は、一度使ってみてね。

公式ガイドブックはこちら。↓↓

ほぼ日手帳公式ガイドブック2018 LIFEのBOOK

ほぼ日手帳公式ガイドブック2018 LIFEのBOOK

公式サイトはこちら。↓↓

www.1101.com

ほぼ日手帳は本当にオススメです♪是非一度手に取ってみてください~。

読んでいただきありがとうございました。次もまた読んでいってね。ぐっばい。