ブラック企業に入社しないために、企業説明会で聞いておくべき5項目

こんにちは。10月は転職活動に専念していました。

おかげさまで、順調に進んでおります。

さて、本日もとある会社の説明会に行ってきました。

その会社が(今いる会社に比べて)あまりにもホワイト企業だったので、驚いてしまいました。

そこで本記事では、ブラックな環境で働いた経験と、転職活動をした経験からわかった『ブラック企業に入社しないために、企業説明会で聞いておくべき項目』をまとめていきます。

それでは、いってみよう。

①残業時間はどれくらいですか。

「募集要項には残業なし、と書いてあったのに・・・」ということにならないためにも、しっかり聞いておきましょう。

今日の会社では、「部署によって残業時間に違いがあること」や「どの部署が残業が多いか」など、包み隠さずに教えてくださり、とても安心できました。

特に、自分自身現在の会社で、月100時間以上の残業をしていたこともあり、ここは譲れないポイントでした。

そのため「残業時間は何時間くらいですか」などという曖昧な質問ではなく、

「今の会社では月100時間以上残業したことがあります。残業の多さも転職を考えたきっかけの一つなのですが、この会社はどうですか」

というように、かなりずばっと聞いてしまいました。

転職活動をする上で「これだけは譲れない」という点は、何がなんでも聞きましょうね!!!

②今回の募集はどのくらいぶりですか?(久しぶりですか)

人がどんどんやめてしまうような会社の場合、常に人手不足で、常に募集をかけているということもあります。(ああ、弊社・・・)

人手不足だと、色々きつくても謎の連帯感で非常に組織から抜け出しづらいです。実体験です。

それに、辞めた人の分の仕事が残っている人にどんどん降りかかってきます。

控えめにいっても、最低です。

そんな組織に間違って入ってしまうことがないように、この質問をしました。

募集の頻度が高すぎる場合には、気を付けましょう。

③ここ一年で何人の人がやめましたか。どんな理由でやめましたか。

これは、②の質問の際「欠員が出たから」との理由だったので、そこでもうちょっと詳しく聞いてみました。

何人の人が、どんな理由でやめたのか。

やめる人があまりにも多かったら、注意が必要ですね。

④有給休暇はありますか。取得率はどのくらいですか。

有給休暇は法律で保障されているものの、中には名ばかりの会社もあります。

有休休暇の取得率はどのくらいか。取りやすい雰囲気なのか、なども聞いておくといいと思います。

ちなみに、今日伺った会社では、課長様が率先して有給休暇を取りまくっているそうです。

「そうじゃないと、部下が取りづらいでしょ?」

と爽やかに笑顔で言い放った課長様があまりにもかっこよかったです。

この人の下で働きたい・・・と思いました。

⑤ノルマはありますか。

私が現職で心を病みそうになってしまった理由のもう一つが、ノルマでした。

真面目な人であればあるほど、「ノルマ」は重く肩にのしかかってきます。

「ノルマがないつもりで入社したら、めちゃくちゃきついノルマが課されていた・・・」

なんていう地獄を味わわないためにも、ここもしっかり押さえておきたいですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その他にも聞いておくべき項目は色々あると思いますが、

今回は自分で聞いてみて「ああ、これ質問してよかったな」と思ったものをまとめました。

よろしければ、参考にしてみてください。

では、すてきな1日をお過ごしください。

今日も読んでいただきありがとうございました。また次に読みにきてね。ぐっばい。