自分の自分による自分の好きなところ50を紹介するぜ!

f:id:osanm060225musicAY:20180115202451p:plain

こんにちは。みなさん、自分のことは好きですか?

「好き」って即答できる人はいいですが、そうでない人もいるかもしれませんね。

さて、今日は、題名にもある通り、自分の自分による自分の好きなところを50個紹介します。

……はい。

それだけです。

興味のない人は、ブラウザ閉じてくださって構いません。(むしろこんな題名なのに、ここまで読んでくれてありがとう!!)

先に言っておきます。

「こんなことするくらいだから、この人自分のこと大・大・大好きなんじゃないの???」って思っているみなさん。

全然違いますっ!!!

こんなことでもしない限り、自分のよいところを考える時がないから、あえてこういう企画をしています。

基本、超ネガティブで、悩みまくるタイプです。

でも、いや、だからこそ、今度また落ち込んだ時のために、自分の好きなところをまとめておこうと思いました。

それでは、いってみよう!!

やり方

  • まっさらな紙を用意します。(パソコンでも可)
  • ひたすら自分のよいところを書いていきます。
  • なるべく冷静にならないでください。
  • ハイテンションで書き上げるのがポイントです。
  • どんなに小さいことでも書きましょう。
  • 似たようなことでも言い回しが違えばOKにしてしまいましょう。
  • 逆に、自分のイヤなところを思いついてしまったら、それをいいところに言い換えるにはどうしたらいいか考えましょう。( 例:バカ舌→何でも美味しく食べられる)    

    これをやるメリット

  • 「あ、自分意外といいとこあるじゃん」と思える。

  • 落ち込んだ時に見たら、元気が出る。
  • 自分の嫌いなところを、逆にいいところとして捉えられるようになる。

などなど、実際にやってみると、気持ちがどんどん前向きになっていくのがわかります。

マイナス思考だったり、落ち込みやすい人ほど、元気な時にこれをやっておくと、次にまた何かあった時にいいかもしれませんよ。

それでは、実際に書き上げたものを紹介します。

好きなところ50

  1. 真面目
  2. 夢中になると集中力がすごい
  3. 細かいところによく気が付く
  4. 脚が長い
  5. おでこを出した髪型が似合う
  6. よく考える
  7. 困っている人を放っておけない
  8. 責任感がある
  9. 時間を守る
  10. 情報収集力がある
  11. 隠しごとをしない
  12. 節約家
  13. 素直
  14. 伸びしろがある
  15. 新しいもの好き
  16. 学ぶことが好き
  17. 人の話を聞くのが好き
  18. 話を聞いていると質問したいことがたくさん浮かぶ
  19. 人のことを疑わない
  20. なんでもおいしいと感じる
  21. はじめてのことも楽しめる
  22. 人に道を聞ける
  23. すぐに感動する
  24. 素直に「すごいね」って言える
  25. 友達に彼氏ができた時、素直に喜べる
  26. 一人でいる時間も楽しめる
  27. あえて困難に挑戦しようとする
  28. 「やってみよう」精神がある
  29. 周りの人に左右されない
  30. 単調なことも楽しもうとする
  31. ネガティブワードをポジティブワードに変えられる
  32. 嘘をつけない
  33. 着眼点が面白い
  34. 字がきれい(なはず)
  35. どこでも寝られる
  36. 多少汚い環境でも多分我慢できる
  37. 色んなアイディアが浮かぶ
  38. 教えるのが(多分)うまい
  39. 疑問を解決しようとする
  40. 食べ物の 好き嫌いがない
  41. 子どもが好き
  42. いいモノを作ろうとする
  43. 諦めない
  44. どうしたらいいか考える
  45. おかしいことはおかしいと言える
  46. よく泣く
  47. 流行を取り入れる
  48. 謝れる
  49. 困った時に困ったと言える
  50. 人にいいと思ったところを伝えられる

まとめ

大学時代、尊敬している先生が、

「大人になったら、一生懸命頑張っても認めてもらえないことがあるかもしれない。そんな時でも、自分だけは自分の味方でいてあげなさい」

ということをおっしゃっていました。

実際に働いてみて、その言葉が身に沁みました。

どんな苦しい状況でも、まずは自分で自分のことを認めてあげることが大切なのだと思いました。

今回の「好きなところ探し」は、自分を好きになるための第一歩としても有効だと思います。

心が疲れ気味の方は、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。次もまた見にきてね。ぐっばい。